馬日記 その2
えー、続いて馬日記・中篇です。


『コスタリカではよくレインボーをみました。スペイン語で虹はArocoiris(アルコイリス)と言います。)』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


<馬日記 その2>

久々に日本語の打てるPC見つけました。

皆さんお久しぶりです。
馬に乗って早丸3ヶ月がたちました。
今までの経過を簡単に書きます。



今まででこのCARAVANには33人、馬40頭、犬3がトータルでいました。
コスタリカでは、お金を作るために音楽とファイヤーと馬のショーをHOTELやスタジアムなどでやりました。あるショーでは15人で300$稼ぎました。大体僕たちの生活は食事だけでいうと、一日1$で生活しています。なので、これは僕たちにとってとても大きなお金です。ちなみに僕はディジュリドゥとカリンバなどの楽器をやります。







こんな風にコスタリカを馬でのんびり、のんびり、2ヶ月半かけてやっと、ニカラグアの国境まできました。しかし、国境で予想していたとおり、馬を連れて行くのに莫大なお金がかかることが分かりました。一度は皆あきらめかけたのですが、大使館やら、なんやら、かんやら、色々なコネクションをつかって、なんと、僕たちはCANADAまでのトランジットのペーパーを手に入れ、それによって、ニカラグア側から本当に、本当に、とくべつに、45日間のトランジットVISAをもらえたのです!!


『コスタリカ→ニカラグア国境。』


『ついに2カ国目突入、やったー!!』

しかし、ニカラグアに入ってすぐ、半分の人が色々な事情でこのCARAVANを去りました。今は人間6人、馬10頭、犬1匹です。しかも、馬経験のある人たちは全員去り、僕の様な未経験者だけが残りました。。。。。。しかし、何とか上手いことやっています。今では自分たちで、馬に蹄鉄(ていてつ/馬の靴)をはかせています。ちなみに馬に踏まれたり、蹴られたりするとめちゃくちゃ痛いです。今はとりあえづの目標のニカラグアを45日間で抜けるべく6人で頑張っています。


『皆で最後の集合写真。ここから6人での旅が始まります。』


『ニカラグア、国境近くのビーチ。』

実際、この旅はめちゃくちゃしんどいです。体力的にも精神的にも。けど、ずっとこういった生活に憧れていて、日本にいる家族や彼女に散々これが僕のしたいことなんだ!と言って日本を出てきたからには、僕はゴールするまで、たいていの事じゃあきらめません。


『はー、つかれた・・・・・。』

それではまだまだ馬に乗り続けます。。。。。

パカパカ。

LOVE。 たくや。
| 旅のお話。 | 07:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
馬日記 その1
久々に自宅にInternetが復活しました。

もう、馬旅をしていたころから5年がたちます。

このときに色々と経験したことはまるで土を耕すことであり、そこにまいた種が、芽が出て、始めはまだ弱くてよろよろしていた新芽も、ちょっとづつちょっとづつたくましくなって、すこしづつだけど大きく成長していっているように感じます。種をまいたばかりのときはどんな芽がでてくるのか、どんな木になるのかもわからず、ちゃんと成長するかも心配でした。今ももちろんこの木は成長中でいつ台風が来て折れてしまうかもわかりません。この木は僕だけのものではありませんし、世界中にある木々のただの一本です。けど責任を持って日々しっかりと面倒をみてこの木を育てて行きたいです。皆が安らげるような木陰をつくる大木に。皆で緑が生い茂る木々のあふれる世界にしていきたいね。

旅中に皆にmailで送った馬日記(結局全3回だけでしたが。)を読み返してみました。やっぱり日記をつけておくというのはいいですね。読み返してみると過去と今の自分を知るための良い機会になります。

それでは、どうぞ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《馬日記 その1》

ささたくや、只今馬に乗ってコスタリカ旅してます。目指すはグァテマラ、できればメキシコ、アメリカ行ってみようっ!
現在、人間25匹、馬30匹、犬3匹、ウサギ2匹、きのうは蚤が沢山いました、で旅しています。

日本からコスタリカに戻って、どうやって山の中を馬で旅している仲間をみつけるもんかと思っていたけど、結構すんなりとみなを探せて、今はもう馬に乗って10日ぐらい足ったのかな??曜日の感覚が今の生活ではないのではっきりとわからないけど、、、、。

実際なかなか、しんどいです、馬での旅は。僕はもう3回も馬から落ちました。一回思いっきり顔から落ちたので、顔に大きな傷ができてしまいました、、、。けど、何回も落ちといてなんでけど、僕は落ち方が上手いみたいで、擦り傷だけで今のところすんでいます。落ちたといっても、馬がこける場合もあるし、サドルが落ちることもあるし、自分が原因でないことが多々あります。けれど、馬の上に乗っているときは、その責任を全部自分で負わなければいけません。馬も自分が注意を払っていれば、アクシデントを避けれるのです。けど、まだまだ、今は馬に教わることのほうが一杯です。一回、僕が道に迷ってしまったとき、どうしよーと思っていたら、馬が勝手に歩き出して、正しい道を教えてくれました。僕のほかにも皆結構傷を負っています。馬も。まだまだ、馬も僕たちもこの旅に慣れていく過程なので、アクシデントが絶えません。アクシデントを避けるためにはもっともっと色々なことを知っておかないといけなそうです。今はそれを体で覚えているところ、、。けど僕はあまりにけがするので、「お前、マゾだろ?」と言われるしまつです。。。。畜生、傷の分皆より早く上手に馬に乗れるようになってやる!!あー、もう傷はいやだ。


『落ちたばっかり。まだ、興奮しているせいかまだあまり痛くないよ。』


『誰でしょう? 
 翌朝、まるで殴られたボクサーのよう。顔が熱とむくみでぱんぱん。。。』


『うーー、いたい・・・・・。』

この生活では、馬に乗っている時間とても大きいので、ということは馬と話す機会が沢山です。馬の背中にずっといると、馬の考えていることが段々わかってくる気がします。多分、馬も僕のこと凄い見ているんだろうな。
馬だけではなくて、人間同士の関係も学んでいます。今は25人いて、これだけ、国籍に関わらず沢山の人が集まっていると上手くいかない場合もでてきます。それを仲間同士でどう理解しあっていくか学ばなくてはいけません。けど、日に日にキャラバンの雰囲気がよくなって来ています。人も馬もどんどん理解しあって近くなってきてる感じがします。

今日は久しぶりに街にやってきました。今までは移動が多かったので、しばらくここに滞在して、馬も自分たちも休息をとります。久しぶりの街で、スーパーマーケットで買い物するのがとても楽しかった。

では、またにー。
パカ、パカ、、、、、、、。

たくや。


『旅は始まったばかり。』

| 旅のお話。 | 16:46 | comments(4) | trackbacks(0) |
Rainbow Gathering


ここ最近 Rainbow Gathering についてお友達と話題にすることが多い気がします。そこで2003年に大学の春休みの間の南米旅行中に偶然出くわしたBrazilでのRaibowGathering後に友達に送ったMailを引っ張りだしてきてみました。

僕にとってこのRaibowGatheringでの経験がその後の心の大きな糧となって僕をずっと助けてきてくれたと感じています。

当時のぼくは大学4年生になる直前の春休みの期間中で、周りの生徒達は一生懸命就職活動をしている時期だというのに、髪も長いまま、ふらふらと南米旅行に出かけていたのです。それでも日本に帰ったら就職活動しなければ駄目なのかな、、、などと社会のプレッシャーを感じながら、もやもやとしている状況でした。けど、Rainbowに来て見ると、もう変な人が一杯で、見たところ自分の好きなことばっかりやっている人たちばかり。しかも皆が皆楽しそう!!そしたら僕も好きなことやっていけば楽しく生きていけるじゃん!!と単純にそう思ってしまったのです。そしたらもやもやが晴れてとてもすっきりしました。それに文明の全くない大自然の中で時間を過ごしたということも大きかった気がします。こんなに活き活きとした生命にあふれた大地があるのに、なぜ僕は東京の都会の中で目に見えない、なんだかよくわからない社会のプレッシャーの下でクヨクヨと毎日を過ごさなければいけないのだろうと。

では、ここからが当時Rainbowから出てきてすぐその感動をつづって友達に送ったMailです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆さんお久しぶり!

僕は只今ブラジルのサルバドールという街にいます。
MAILを送ってくれた人、返事をなかなかだせなくてごめんなさい。
というのもここ20日程山の中でキャンプをしていました。

正確にはキャンプというより、international gatheringで RAINBOWというものです。皆のなかには知ってる人もいると思うけど。僕は 全然そんなのがブラジルであるなんて知らなかったし、Rainbowっていう名前
も聞いたこと無かった。

帰りの飛行機はチリからでリオ デ ジャネイロ からBUSで24時間北に行っった所がサルバドールという街で、チリからどんどん 離れてしまって、本当は行くつもりじゃなっかったんだけど、なぜかすごくこっちの 方角にひかれてて、ならば飛行機で行こうと思ってたら(日本円にしたらそれほど高
くないので時間の節約のために。)、運悪くリオはカーニバルでどこも閉っててチ ケットが買えなく、それでも行きたくて、BUSで24時間乗っていくことにしたのが 始まりです。

このサルバドール行きのBUSの中でイスラエル人の女の子2人とオーストリア人 の男の子1人のグループに出会った。そして彼等と仲良くなってしばらく話してた ら、RAIBOWに行くと言っていた。ん、RAINBOW
ってなんだ?何やら世界中から色々な人が集まって、皆で何も無い自然の中で暮らすらしい。BLACK MOON に始まって、BLACKMoon に終わるらしい。まるで映画のTheBEACH見たいじゃないか!彼等は一緒に 来なよ、と誘ってくれた。

今までの僕の旅行は、移動ばっかりしてて、物はいっぱい見てるけど、表面上の事で終わってしまっているんじゃないかと、自分の旅の仕方に疑問を感じていた。もっと、一個所にいて、同じ人たちと長いこといて、そして始めて発見できる事もあるんじゃないかと思ってた。けどよくよく考えると、北に行こうと決めて、飛行機に乗れなくてBUSにのって、彼らに合って、彼らが僕のことを気に入ってくれて、誘ってくれたのは、偶然じゃないなと感じた。これは行くことになってたんだなと思った。行くことに決めた。わくわくした。



日が昇りはじめた頃にbusを途中下車して、そこからbusを2本乗り継いで、地元の人のジープをヒッチして、山を8KM歩いた所がRAINBOWだ。僕がそこについたのは始まってまだ2日目ぐらいだったので、広大な自然の中に、みなが集まるmainサークルとキッチン、共同トイレが作られているぐらいだった。その山の中でおのおのがテントをはって、中には洞窟を見つけてそこに暮らす人もいた。ついた当日はもう夕方でテントを張ったところで、暗くなりはじめ、メインサークルで食事を全員で輪になってたべた。約50人弱。もちろん食事は共同で作る。RAINBOWは平和を祈る集いでもあるので、酒、肉は暗黙の了解で無しとなっている。食事が終わると、マジックハットにドネーションを入れる。いれたい人は入れるし、ない人はまた
次ぎの機会。





そして食事が終わると音楽が鳴り始める。ジャンべにビジュリドゥ、ギター、縦笛、タンバリン、などなど各々が持ってきた世界中の楽器だ。見たこともない楽器もいっぱい。そして火をかこんで感情の赴くままに踊る!やばい、これが音楽だと思った!体の中で響いていた!!音楽が鳴ってる一方でファイヤーを使ったジャグリングが始まったりもする日もあった。



すごい人たちがいっぱいいた。音楽にしろ、絵にしろ、ダンスにしろ、アクセサリー作りにしろ、ジャグリングにしろ(南米の人は、アクセサリー作って売ったり、 ジャグリングしたりして旅してる人が多い。その技術の素晴らしいこと!)、なにか自分を表現できる手段が欲しいと強く感じた....



つぎの日の朝、散策してみると、奇麗な川があり、ビーチがあった。ここでは皆ヌードになって泳いでる。(一日中全裸でいる人も結構いる。)おくに行くと川が広がってでっかいプールになっている。河原にはクリスタルがいっぱい落ちている。

だんだんと何もない所から人の住む場所になっていくのを感じるのは実に面白かった。人が歩いて道が出来、テントが集まって集落が出来はじめ、人が増えてキッチンを大きくしなければいけなく、皿洗い場ができ、チャイshopができ、そしてベーカリーまでできた。ベーカリーではパンにケーキ、そしてピッザまでつくった。子どももいっぱいいたので子ども用の場所も出来た。そしてさまざまなWorkShopが開かれた。ヨガ、メディテーション、マヤカレンダー、ジャンべのセッション、指圧、カポエラ、世界情勢についての話し合い、などなど。





メインサークルは日にちがたつにつれて、人が増え、どんどん大きくなり、まさに広場となった。人が集まって、お話しをしたり、サッカーしたり、ジャグリングしたりと遊べる場であり、要らないものや、自分で作ったアクセサリーなどを持ちよって、物物交換する商業の場(もちろんお金のやり取りは無し)であり、そして皆が一堂に集まって、一同に歌って、一同に踊って、一同に黙とうしたりとエネルギーに満ちた場になった。






僕は洞窟の中で10なん個ものディジュリドゥがふかれるのを聞いて、大大大感動して、僕も一緒に吹きたいと思い、何人かで竹を切りに山をおり、そしてお手製のディジュリドゥを作った!!もう何時でもこのディジュリドゥと一緒にいて、練習した.楽しくてしょうがない。ここは日中日差しが強いのでココナッツの葉で帽子も作った。


FULL MOON にあわせて盛大に盛り上がった! 翌々日には下の村に降りていって、地元の人たちの理解に感謝を込めていろいろなパフォーマンスをした。すごく温かいものになった。

飛行機の関係で心残りだけどここを離れなければいけない時が来た。本当に素晴らしい場であり、美しい人たちばかりだ!いっぱいいろいろなことを感じた。深い所まで自分をさらけ出し、理解し、理解してもらえるFamilyだった。

僕が出たときは約1000人、44カ国の人たちが集まっていた。

んー、このmailでは概要しかかけなかったけど、とにかく僕は素晴らしい経験をしました。

では、みんなまたねー。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


1年後、晴れて大学を卒業した僕は再びRainbow目指して2004 World Gatheringが行われたCostaricaへ行き、そこでBrazilのRainbowで出会った仲間達と再開して共に馬旅をするいきさつとなったのでした。。。。。

うわさで来年の5月に北海道でRainobowがあると聞きましたよ。。。。
| 旅のお話。 | 11:58 | comments(1) | trackbacks(0) |
<< | 2/2PAGES |