写真新世紀。
中米・グァテマラで出会った杉山正直くん。

初めて見たとき、ラーメンマンかと思った。
彼は『ニーハオ』とつぶやいた。

彼は、南米からずーっと旅している途中だった。

彼は、カメラマンだと言っていた。
『お、これはチャンス!!』と思い、宝の持ち腐れとなっていたぼくのカメラRICOH・GR-2をつかってManualで写真をとる方法を教えてもらった。さっぱり理解できず、今現在も依然とAutomaticしか使われていない、本領を発揮できずにかわいそうな、ぼくのGR-2。。。。。

正直くん。
彼は、旅を通して作品を撮っていっていると言っていた。
それなのに、自分ばっかり撮っているではないか。。。。
『ふーん、まー、カメラマンも色々な人がいるよね、、、。』という感じにしか思っていなかった。

TABIする靴展のDMを作ることになり、旅で出会ったカメラマン・正直くんに白羽の矢が立った。カメラを持つと目つきがキッと変わる正直君、このとき初めて彼にプロ・フォトグラファーを感じた。そして出来上がってきた写真をみて、『WOW!、今までフォトグラファー杉山正直をなめててごめんなさい。。。』と心のなかでつぶやいた。


『Photo・杉山正直 Design・eriko

正直さん。
自分ばっかり撮っている写真(作品をみたら、あーそういうことかとわかります。)をまとめて作品にしたら、なんと、写真新世紀2009・優秀賞5人に選ばれた!!只今、恵比寿・東京写真美術館で開催中。開催期間を経て、これから最優秀賞が選ばれるらしい。

正直どの。
きのう、写真美術館にいってきた。
彼の作品にわくわくさせられた。
旅した気持ちになり、写真に写っている場所の空気を感じ、写真に移っている人々と触れ合えたような気がした。
旅に出たくなった。
いい作品だ。

正直先生、さすがです!!

みんなも是非、見に行ってみて、わくわくするよ。
正直先生は大体、会場にいるみたい、旅のことなど色々お話聞いたら面白いよ。




『会場に見に行ったら、この写真の意味がわかるよ。』


『お、正直先生がうしろに!』


正直先生より、彼の展示 “楽しさのループ” について、お言葉です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

俺は旅で出会った人やモノに「楽しさ」をもらった、その「楽しさ」はちゃんと「楽しさ」というカタチで出会った人やモノに返した。それだけではギブ&テイクで終わってしまう。
しかし今回、優秀賞受賞してそれらを写真として展示する事ができてそれによって来場者の人達にも「楽しさ」をあげる事ができる。しかしそこで止まってしまってはいけないと思い「楽しさ」のつまった紙をみなさんに貼ってもらう事でまたさらに俺は「楽しさ」をもらえる。さらにはそれを見た他の来場者の人達も「楽しさ」をもらう事ができる。それを見た他の来場者の人はまたさらに「楽しさ」をあげてさらにもらってさらにあげて・・・ギブ&テイクとペイフォワードを同時に行う事ができる楽しさのループ
です。
なので今日観に来てくれた人も数日後にはまた違う展示になってるんで来た方が良いよ!壁のカラフルさが増えてると言う事はあなたの貼った「楽しさ」によって他の人が楽しくなったってことだから、と同時にそう思ったらまたさらに楽しくならない?ってことは他の人からまた新たな「楽しさ」をもらってるって事でしょ?、ってことはまたさらに「楽しさ」をあげたくならない?そしてその「楽しさ」を身近な人にも体感してもらいたいと思わない?

なので「写真」は完成してるけど「作品」は完成してないんだよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


最優秀賞発表楽しみだね!

| 日常。 | 13:03 | comments(5) | trackbacks(0) |
ステンドグラス。
やさしい口調で話す、叔母の久美ちゃん。
とても魅力的な人。

久美ちゃんは東横線の綱島でLights・Laboというとても幻想的で素敵なステンドグラスのお店と工房をやっています。

久美ちゃんの工房で憧れのステンドグラスを教えてもらって、TABIの看板をつくりました。



ステンドグラスってどうやって作るのだろう、難しいのかなってずっと思っていたけど、習ってみると、ちっちゃなものを作るぐらいなら結構簡単にできてしまって、びっくり、楽しかった!

自分の作った作品を眺めながら、色とりどりのガラスから差し込んでくる光にうっとり。


Lights・Laboでは、ステンドグラス作りを習えるいろいろな教室がありますよ。
お店に並んでいる久美ちゃんが作った作品たちもどれも素敵なものばかり。

ぼくは、次はこれが作りたいなぁ、と頭の中でアイディアがもくもくと湧き出っ放しです。


『Lights・Labo』



『工房の様子。』
| 日常。 | 14:40 | comments(4) | trackbacks(0) |
ちよ(Chio Allin)のLIVE @ 月見ル君想フ 10/23


ちよとの出会いは中米・グアテマラ。

トロピカルなアボカドの木々が生い茂る湖の村。
裸足で歩き回り、裸で泳ぐ日々。

そんな村に、ある日、黒いロングスカートに黒い革の編み上げのブーツを履いた日本人の女の子がやってきた。原色の自然一杯の土地に、黒のいでたちはとても不自然に見え、それが逆にとても印象的だった。

一昨年までこの村で一緒に暮らしていたイスラエル人の女の子シャニー。彼女はキューバに音楽留学をしにいっていた。そのシャニーが夏休みで、一緒の音楽大学でピアノの勉強をしているちよを連れてグアテマラに帰ってきたのだ。

ちよは、何も分からずシャニーに未開の地につれてこられた様子。
寒そうなので僕がずっと旅で持っていたブランケットをかしてしてあげた。
『このブランケットに包まっていると、安心するね。』と言っていた。

シャニーとちよと僕たちは仲間と一緒に、湖の向かいの人の一杯居るにぎやかな町で、ショーをやった。ちよは日本人からきた女の子ということで、安易にも、白塗りに着物を着て演奏をした。





お別れのとき。
ちよはこれから一人で、はるか遠くにあるMayaの遺跡をみに行って、キューバに帰ると言っていた。未知のグアテマラの地での一人旅にとても心配そうだった。

ちよに、『夜は冷えるし、これがあると安心だから、このブランケットこれからの旅のためにもらっていってもいい?』とお願いされた。

旅人にとってブランケットは必需品だ。ぼくはまだまだこの先も旅を続ける予定である。しかもこのブランケットは僕の1年の馬旅、その後のアメリカでのネェイティブ・インディアンに会いに行った旅、ずっと一緒にいた思い出一杯のブランケット。正直『えー、隣町で、Mayaのおばちゃんたちが一杯お土産でかわいいブランケット売ってるから、それを買ったらいいじゃん・・・。』と心の中で思った。

ぼくは断った。

けど、ちよにはこのブランケットが特別な用である。。。

船着場での別れ。
船が着くまで、あと何分かあるようだ。
僕の心の中にネェイティブ・インディアンから教わった言葉がずっと響いていた。

『もし誰かが、自分よりそのものを必要としているなら、あなたはそれをその人のために手放しなさい。』

ぼくは走って家に帰り、船がでる間一髪のところでブランケットを渡すことができた。

なんか、嬉しかった。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


その後の旅で何度、『あーあのブランケットがあれば。。。』と思ったことでしょう。(未練がましいですね、執着です、、。)

ネェイティブ・インディアンの言葉には続きがあります。

『もしあなたが本当に大切にしているものを、人にあげることをできたなら、あなたはいずれ、それ以上のものを受け取ることになるでしょう。』

この言葉は本当です。
今まで何度これを実感したことでしょう。
もしかしたら、何か別のところからお返しがやってくるかもしれません。
とにかく、本当に僕は自分ができること以上のものをもらってばかりです。

もしかしたら、ちよは僕にこの言葉を実践するためのきっかけを与えてくれるたのかもしれませんね。 

ありがとう。。。。

ちよは、その後、鶴の恩返しのようにけなげに何度も何度もお礼を言ってくれます。日本に帰ってきて、ちよはわざわざクリーニングしてあのブランケットを家まで返しにきてくれましたが、『でも、やっぱりこのまま持っててもいい?』と言って持って帰ってしまいました(笑)。こんなに大事にしてもらえてぼくもとても嬉しい思い出いっぱいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんなちよがピアニスト Chio Allin としてCDデビューしました。
そして明日、青山の月見ル君想フでコンサートをします。


ぼくはちよのおかげでピアノの音がとても好きになりました。

ちよのピアノは、日本とキューバの感性がまじった独特の音楽。
こんな音楽を聞かせてもらえるなんて、なんて贅沢なお返しなんでしょう。

明日が楽しみだ。



| 日常。 | 22:33 | comments(4) | trackbacks(0) |
ボウシパレード 100% LOVE & PEACE PARADE


今週末18日(日)表参道にて、お友達の帽子作家Ruuちゃんの呼びかけで『100% LOVE&PEACE PARADE』が行われます。

みんな、とびっきりのお洒落をして、参加しましょう!
表参道を、幸せいっぱいにしちゃおう!

パレードのあとは青山CAYにてパーティーもありますよ。

写真は去年のパレードの様子。


≪ボウシパレード 100% LOVE & PEACE PARADE のHPより。≫



≪ボウシパレード 100% LOVE & PEACE PARADE のHPより。≫


ボウシパレード 100% LOVE & PEACE PARADE のHP。
http://yaplog.jp/boushiparade/

雑誌・PaperSkyのHPでも紹介されてるよ。
http://www.paper-sky.com/blog/archives/5643


そんなRUUちゃんのリクエストで、メキシコの建築家ルイス・バラガンのようなピンクのモカシンを作りました。




『RUUちゃん。さすが、ピンクが似合ってるね。』


『この2週間ずっーとピンクを見てて,目が疲れたよ・・・・。』
| 日常。 | 13:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
稲刈り。
昨日、十五夜の満月、のりかさんの田んぼへ稲刈りにいきました。



山村留学以来の、20年ぶりの稲刈り。あの田んぼのにおいにさまざまな記憶が蘇ってきます。

はだしの田植え、けだるい暑さの中の雑草とり、なかなか刈り取らせてくれない頑固な稲たち。そう、子供のころの田畑の仕事はあんまり楽しい思い出ではなかったみたい。

楽しかった思い出は、山一面火に覆われて幻想的だった春の野焼き、ぬめぬめと冷たくて気持ちよかった田んぼの泥んこ、作物の緑のにおいで一杯の軽トラの荷台で顔にあたる風。

走る軽トラの荷台でヘリにつかまって立ち上がり、段々遠くなっていく畑・田んぼを眺めながら帰る家路はなぜか子供心に誇らしく思ったものです。。。。


『ご馳走になったお昼ごはん。去年取れた玄米に、畑の作物。それに、そこらへんに生えてる野草たち。みーんな、ここで育った命たち。あーこれぞ贅沢だね!! (注・RawFoodではないですよ。私、RawFood以外でも喜んでありがたく美味しく、心のこもった菜食ご飯を頂きます。)』

あのころより地面がだいぶ遠く感じたけど、稲はさくさくと鎌で刈り取れて気持ちよかった。大人になって力がついたのか、お米の品種なのか、のりかさんの一本植えで稲の束が小さかったのか。。。けど、一番の違いは、いやいややっていたのと、楽しんでやっているかの違いだね。子供のころは全然食物を育てることの喜び、自分が手塩に育てたお米やお野菜を頂くことの贅沢さなんてわからなかったもんね。お釜から出てくるお米に違いなんてなかったもんね。

ここ数年ずーっと、田舎に移り住んで田畑をやりたいと思っていたけど、心のどこかで、子供のころのけだるい畑仕事の思い出が引っかかってたいた気がする。けど、昨日の楽しいお友達たちと、刈り取られた田んぼから見た澄み渡った十五夜のお月様が浄化してくれたみたい。

のりかさんはじめ、みんな、お月様、お米さん、田んぼ、みーんな、みーんな、
ありがとう、ありがとう、ありがとう。

けど、今となって、あのいきなり都会から山へ送り込まれた経験は本当に大きな財産になっているのだなと感じるよ。



田畑やりたい!
| 日常。 | 18:40 | comments(3) | trackbacks(0) |
ただいま。
ただいま。
一週間ほど前に兄の結婚式に合わせて日本に帰ってきました。

今回のたびは、まずアメリカにてVisaが切れるまでの3ヶ月間をLongestWalkに参加してアメリカを歩いて旅をし、その後は以前にもいたMexicoとGuatemaraを訪れていました。

Mexico,Guatemara、やっぱり大好きです。もうむこうに住み着こうかと考えているぐらいです。今回もまた、Mexicoの南、Gutemaraの国境近くのSanCristbalという街と、Guatemaraの湖のほとりにあるSanMarcosという小さな村に長いこと滞在していました。2年ぶりにそれらの場所に戻ったのですがまだ友達も一杯いて嬉しい再会を沢山果たしました。


『Guatemaraのメルカド(市場)。』

最近は‘旅’といってもあまり移動せずに旅先の気に入った場所で生活するという感じです。正直なところ肉体の衰えからかあまり移動して回る気力なくなってきたきがします。(さいきんは以前はまったく気にならなかった長時間のバスや飛行機の移動がかなり心身ともにこたえます。。。)いやいやと言うよりも、‘もの’を創ったり学んだりすることのほうが今はもっと興味があるので、一ヶ所に滞在して創作に時間を使いたいのだと思います。という気持ちがとても強かったので、今回もまた前回訪れて居心地がとても良く、沢山のことを学んだSanCristbalとSanMarcosに長くいることにしたのでした。

まず、SanMarcosは瞑想とYogaをするのに最高の場所です。この湖は世界で一番美しく(実際に世界中の湖をすべて見て回ったわけではありませんが。。。だけどこういう風に言う人たちを今までたくさん耳にしました。。)、その湖のほとりには座って瞑想するのに最適な大きな机のような平らな岩がたくさんごろごろしています。僕は毎朝、日の出前にそこへ行き瞑想して、日の出を拝んで、湖で泳ぐというのが毎朝の日課でした。



『SanMarcosより。』


『もう1枚。』


『Meditating。』


余談ですが、日の出や、日没のときの太陽のCleanな光を直視することはとても体によいらしいですよ。友達に聞いた話では、太陽の光によって目からしか吸収することのできない栄養素があるそうです。もうひとつの彼のお話では、あるベトナム兵が目をこじ開けられっぱなしのまま縛られて一日中灼熱の太陽に照らされているという拷問をうけ、彼はその後視力をほとんど失ってしまたのですが、時間がたち視力が回復するに連れて、小さいころから眼鏡をしないと十分にものを見ることができなかった目がもう眼鏡が要らないほどに回復してしまったそうです。Wow,ラッキー!!欧米では、‘Sun Gazing’などといってポピュラーになっていますし、インドのヨギたちの伝統的な修行の一つにも太陽を直視続けるというものがあるそうです。


『Before Sun Rise 。』


『Sun Rising 。』

SanMarcosは、いわゆるSpiritual系(実際なにがSpiritual系なのでしょうと思ったりもするのですが。)の人たちが沢山集まるところでYogaやMeditationのセンターあったり、マッサージを習えたり、受けたりする場所も沢山あります。僕も前回の3年のたびの間に全部で半年以上ここに滞在して、1ヶ月の瞑想コースに入り、1週間の断食を経験したり、その続きの3ヶ月の瞑想コースでは42日間の沈黙をしたりしました。今回はここで、とてもよいYogaの先生と知り合うことができました。


『サボテンのフルーツ。』


『何のお花だろう?』


MexicoのSanCristbalはコロニアル調の街です。街と言ってもそんなに大きくちょうどいい大きさです。ここは標高2000m以上あり、周りは小高い山々に囲まれています。この山々に先住民の村々が点在し、人々は村ごとにことなる色鮮やかな民族衣装を身にまとい、数種類の異なるMayaの言葉を喋っています。そして、山の村々から野菜や果物、それに手作りの工芸品をもってSanCristbalの街におりてきてメルカドでそれらを売っています。ぼくはこのまさに人も野菜も果物も活気にあふれたメルカドが大好きです。ここでは、僕の大好物のマンゴーにパパイヤ、アボカドが食べ放題!!ここで様々な種類のマンゴーやアボカドを目にして口にしました。本当にいろいろな食材があるので、新しい食材を発見して料理するのがとても楽しいです。食べ物だけじゃなくて、物つくりのための素材探しも楽しみの一つでした。しかも皆手作りで自然のものばかり。藍染め・手織りの布を作っている家族がいたり、チャムラ族の女の人たちは羊を放牧して、羊達が草を食べている間、草原に座っておしゃべりをしながら毛をつむいで、ウールの生地を織っていました。本当に物つくりをするのにも楽しい場所です。アーティストやミュージシャンも沢山すんでいます。僕はグループに入ってカポエラを習っていました。

サンクリは街の要素もあり、自然も一杯あり、食が豊かで、物つくりするのもたのしく、音楽にカポエラを一緒にする仲間もいてとても僕にとってぴったりのところでした。また戻りたいです。


『サンクリのカポエラ仲間。』


| 日常。 | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
北海道。
縁があって北海道へ家族旅行へ行きました。



初めての北海道!
飛行機で1時間ちょっと。あっというまに到着。

日中の気温は-6度。次の日の早朝は-22度。
気持ちの良い快晴のお天気のおかげか、恐れていたほどに寒くは感じなくてびっくり。けど、「風が吹くともうすごいんだから。」と地元の方はいっていました。


馬が恋しい僕の希望で‘ばんえい競馬’を見に行きました。この‘ばん馬’の大きさにびっくり。もともとは農耕馬らしいです。ひさびさに馬を間近にみてドキドキしてしまいました。馬の前に立つとどうしても恋人を想うような気持ちになってしまいます。。。



ばんえい競馬のHP(http://www.banei-keiba.or.jp/)よりばんえい競馬についての説明をどうぞ。

 「ばんえい競馬」は鉄ソリを馬に曳かせ、全長200m、途中に2カ所障害(坂)のある直線コースで競うレースです。
よく知られている平地競馬とは違い、スピードだけではなく、馬の重いものを引っぱる力と持久力そして騎手のテクニックの勝負です。
 このレースは北海道開拓に活躍した農耕馬で農民たちがお祭り競馬として楽しんでいたものがシステム化され現在の形に発展したもので、すでに35年以上の歴史をもち、北海道をが育てた世界でたったひとつの「ひき馬」競馬として内外の注目を集めています。
 緑豊かな北の大地で繰り広げられるこの「ばんえい競馬」は今、最もパワフルな競馬です。




‘雪に願うこと’というばんえい競馬をテーマにした映画もあるらしいです。


で、次の日にまた飛行機に乗り帰京。。。
まるであの白銀の世界は一夜の夢のようでした。
全然北海道に行ったという実感がもてません。

今度は夏にゆっくりと北海道を満喫しにいきたいです。



| 日常。 | 19:54 | comments(2) | trackbacks(0) |
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

去年一年は家にこもって制作ばっかりしていましたが、今年はもっと活動的にいきたいと思います。そろそろ、また旅などをして刺激が欲しくなってきました。

よし、今年も楽しいことが一杯の一年でありますように。

そして世界が平和でありますように。。。



昨年の終わりに作ったくつやかばんの写真をみてください。


『インドの布鞄をモチーフにしたショルダーバック。』



『ショルダーバック色違い。』



『ピーターパンシューズ。』



『マキマキブーツ。オイルベロア・ベージュ。』



『マキマキブーツ。オイルレザー・くろ。』



『七生さんが自分のくつにビーズをつけました。』



『いつもより分厚い革で作ったハイカットモカシン。味がでそう。』



『ヒモもジッパーもなくてすっぽりと足を突っ込むショートブーツ。』

| 日常。 | 20:43 | comments(2) | trackbacks(0) |
くつ展示。
TABI展で使わせてもらった、お友達の洋服屋さん-exit for dis-にてお店の展示会とあわせてTABIのくつのサンプルと写真を一緒に置かせてもらいます。(まだ注文受付は再開しておりませんが。。。)

久しぶりに遊びにいったお店はアットホームなかんじに変わっていて、とてもくつろげる空間でした。

exit for disの洋服とあわせて、是非遊びに行ってみてください。



**date**
10/16(Tue.)〜10/19(Fri.)
10/23(Tue.)〜10/26(Fri.)
12:00pm〜19:00pm
(土・日曜日も上記の営業時間で、展示会ではなく通常のお店として開いています。)

**access**
明治公園の外苑西通りを挟んだ向かいに黄色い看板のラーメン屋ホープ軒があります。ホープ軒とその向かって左の蕎麦屋さんのあいだにオレンジ色のビニールシートで屋根がしてある階段があります。その階段を上って3階。
最寄り駅はJR・千駄ヶ谷か大江戸線・国立競技場前です。
原宿駅からは歩いて15分くらいかな。



| 日常。 | 22:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
せいさくちゅう。
くつ制作の日々。
雑念を振り払い、精神を集中させ、気を充実させて挑みます。

制作予定遅れています。。。。。。

| 日常。 | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/3PAGES | >>