<< 馬日記 その1 | main | 馬日記 その3。  >>
馬日記 その2
えー、続いて馬日記・中篇です。


『コスタリカではよくレインボーをみました。スペイン語で虹はArocoiris(アルコイリス)と言います。)』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


<馬日記 その2>

久々に日本語の打てるPC見つけました。

皆さんお久しぶりです。
馬に乗って早丸3ヶ月がたちました。
今までの経過を簡単に書きます。



今まででこのCARAVANには33人、馬40頭、犬3がトータルでいました。
コスタリカでは、お金を作るために音楽とファイヤーと馬のショーをHOTELやスタジアムなどでやりました。あるショーでは15人で300$稼ぎました。大体僕たちの生活は食事だけでいうと、一日1$で生活しています。なので、これは僕たちにとってとても大きなお金です。ちなみに僕はディジュリドゥとカリンバなどの楽器をやります。







こんな風にコスタリカを馬でのんびり、のんびり、2ヶ月半かけてやっと、ニカラグアの国境まできました。しかし、国境で予想していたとおり、馬を連れて行くのに莫大なお金がかかることが分かりました。一度は皆あきらめかけたのですが、大使館やら、なんやら、かんやら、色々なコネクションをつかって、なんと、僕たちはCANADAまでのトランジットのペーパーを手に入れ、それによって、ニカラグア側から本当に、本当に、とくべつに、45日間のトランジットVISAをもらえたのです!!


『コスタリカ→ニカラグア国境。』


『ついに2カ国目突入、やったー!!』

しかし、ニカラグアに入ってすぐ、半分の人が色々な事情でこのCARAVANを去りました。今は人間6人、馬10頭、犬1匹です。しかも、馬経験のある人たちは全員去り、僕の様な未経験者だけが残りました。。。。。。しかし、何とか上手いことやっています。今では自分たちで、馬に蹄鉄(ていてつ/馬の靴)をはかせています。ちなみに馬に踏まれたり、蹴られたりするとめちゃくちゃ痛いです。今はとりあえづの目標のニカラグアを45日間で抜けるべく6人で頑張っています。


『皆で最後の集合写真。ここから6人での旅が始まります。』


『ニカラグア、国境近くのビーチ。』

実際、この旅はめちゃくちゃしんどいです。体力的にも精神的にも。けど、ずっとこういった生活に憧れていて、日本にいる家族や彼女に散々これが僕のしたいことなんだ!と言って日本を出てきたからには、僕はゴールするまで、たいていの事じゃあきらめません。


『はー、つかれた・・・・・。』

それではまだまだ馬に乗り続けます。。。。。

パカパカ。

LOVE。 たくや。
| 旅のお話。 | 07:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tabi-kutu.namaste.jp/trackback/996292
トラックバック