<< Workshop 参加者募集 @ ねりまたく庵 | main | 参加費についての理念 >>
Workshop 情報 - 最新版 !
Returning to the Way of Nature
A workshop facilitated by Dion Workman and Takuya Sasa.

Date   : 12.17 Sat. 10:00~17:00 // 12.18 Sun 10:00~17:00 (両日同じ内容です。どちらかにご希望ください。)

Place : 東京都練馬区・ねりまたく庵 (詳細は参加確定者へメールします。)

Lunch :一人一品持ち寄りでみんなでランチしましょう。(ベジタリアンメニュー大歓迎!)

参加費: ドネーション・寄付


内容 : 

今回のワークショップでは、いわゆる世間一般にある現代社会のあり方や環境問題についての情報よりさらに深く言及して(つまりは、マスメディア等では取り上げられない視点をもって)、考察し、話し合います。そこから、私たち自身、これからの子供達、人間社会、そして地球上のあらゆる生物の共同体にとっての調和ある暮らしを想像していきましょう。

今日、多くの人々が、今の世の中に不安を感じているのは事実です。
その原因は、もはや健康で満ち足りた未来の生活を想像することは難しく、そして何よりも、私たちの今の暮らし方によって子供達の未来は今よりもさらに環境の悪い世界になりうる事実を意識してか、無意識としでも感じているからではないでしょうか。

今回のワークショップでは、いまある様々な社会の、暮らし方の問題の原因の根源となっているものを探り、より実践的な答えを探していこうというものです。
どのようにしたら、あらゆる意味での持続可能な社会を作れるのでしょうか?
話の内容は、環境、経済、技術、社会、教育、食事、健康、エネルギーと、様々な要素を検討していきます。
いかにして、この様々な要素が、私たちがより調和のとれた持続可能な共同体として生きることの障壁となっているのでしょうか。
こうした、目に見えない障壁を取っ払うための意識のありかたや、具体的な日々の生活で変えていく術を話し合いましょう。
『どうやって、ぼくたちが本当に心から望む世界を作っていくことができるのだろう。』と僕たち自身に問いかけてみるのです。
さて、私たちは、個人として、として何ができるのでしょうか。

心は語りかけてくれています、それは可能であると。
今がまさに、その時です。


参加希望の方は、・名前・参加希望日・簡単な自己紹介・簡単な参加志望動機を下記メールまでお送りください。

tabi0419アットマークgmail.com


Returning to the Way of Nature

A workshop facilitated by Dion Workman and Takuya Sasa.


Nerima-ku, Tokyo

17th Dec. Sat. 10:00~17:00  / 18th Dec. 10:00~17:00

Donations appreciated. 

Please bring food for a shared lunch.

RSVP required: tabi0419[at]gmail.com 


Returning to the Way of Nature

A presentation and discussion about the state of modern society, the destruction of the environment and how we could live in a very different way. A way that is good for ourselves, our children, our human communities and the community of all life on Earth.

Many of us feel a sense of unease about the world today. We feel anxiety for the future, a future where we don't see opportunities to live healthy fulfilled lives for ourselves and where we see each generation leaving to their children a world in poorer condition. We feel a great sadness for the injustice of our societies and for the way in which our way of life is destroying Earth. And we feel helpless to do anything about it.

In this event lead by Dion Workman and Takuya Sasa, we look at the root causes of these issues and discuss practical solutions.We will discuss how to live sustainably. We will look at how our current economies, systems of education, attitudes towards technology and community are connected to prevent us from living in sustainable peaceful coexistence on Earth.We will discuss practical everyday ways to overcome the barriers to a better way of living.and ask how can we create the world that our hearts long for. What can we do as individuals and as communities.

Our hearts tell us that another world is possible. It is time to start living in that new world.


=Profile=

Dion Workman was born in Aotearoa/New Zealand and now lives in Izu-hanto. He is a natural farmer, wild food forager, permaculturalist, deep ecologist and writer.

Takuya Sasa was born in Tokyo. He has traveled extensively in 60 countries including one year traveling by horse through central America. Much of this time he has spent learning about the indigenous cultures of the countries he travels in. Takuya also spent one year in Aoteroa/New Zealand learning Permaculture.




| Workshops | 09:52 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
こんにちはたくやくん。やっとemailアドレスをつくり、tabiをみつけ久しぶりのたくやくんの風を感じました。あいかわらず素敵に生きていますね*なんだか安心しました。わたしは3,11の後、またこの母なる大地の上をシンプルに歩きたくなりアメリカにわたり、そしていまはBerkeleyで、記憶障害の女性と暮らしています。彼女といると、ただいまここにいきる素直さを感じます。この地球上では、今、ほんとうに本当に沢山の事が起っているけど、でも、それはわたしたちがほんとうの平和な星を創造するための今なのだと想っています。 私もすこしだけれども種をまいているよ。また、たまにメールします。 すてきな日々を! kiyoko
| kiyoko | 2011/12/15 5:05 PM |
きよちゃん!
たくやくんから、きよがメッセージをくれたってきいたの。
バークレイなんだね。なんか風景とそこにいるきよがうかぶよ。
きよからのインディアンの葉書、大切にしているよ。
そしておとといのワークショップのとき、前にきよとここで線香花火とおしゃべりしたなって思っていたの。トイレの前の床をみながらさ。
あったかくしておやすみ。
| norika | 2011/12/20 11:04 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tabi-kutu.namaste.jp/trackback/1237382
トラックバック