<< 旅するくつ展@ルシャレ 開催中。 | main | TABI食堂 −Raw Food-。   >>
サボテンバックの作り方。
メキシコ、グアテマラのMayaの人々が伝統的に作っている網バック。




マゲイと呼ばれる植物から繊維を取り出してつくっています。
アメリカではアガベと呼ばれていて、日本語名はリュウゼツランです。


とても大きな植物です。

メキシコではマゲイからあの有名なお酒・テキーラをつくったり、蜜はとてもあまくシロップも作ります。アメリカでは、アガベシロップという名前で自然食品屋さんで売られているのを目にしました。
あとは、一生に一回咲かすお花の幹の部分をつかってディジュリドゥやドラムも作ったりできます。とにかく万能な植物なのです。

マゲイは見た目からサボテンの一種だと思っていたので『サボテンバック』と勝手に呼んでいたのですが、今回調べてみたところ、もとはユリ科に分類されていたリュウゼツラン科の仲間で、サボテン科ではないみたいです、すみません。。。


それでは、バックの作り方を見てみましょう。
メキシコ・グアテマラで広くこのマゲイのバックを見かけますが、その部族ごとに少しずつ、編み方やデザインも違います。
今回は、ぼくもしばらく住んでいたグアテマラにある湖 Lago・Atitlan のほとりの村 San・Marcos に住むMayaの人々の伝統的なやり方を紹介します。


「葉を切って、」


「水に何日かつけて、葉肉の部分をふやかし、」


「叩いて、」


「削いで、強い繊維ぶぶんを取り出し、」


「結って、ロープ状にして、編みます。」


「そして、棒で編んでバックにします。」



本当に頑丈で使いやすいバックで、ものが何も入っていないときは小さくなるので、ぼくのたびの2ndバックとして必需品となっています。
メキシコに住んでいたときは、お買い物バックとして大活躍してくれました。リュックからサボテンバックをとりだ出して、買った野菜や果物をぽんぽん放り込んでいきます。入れたら入れた分だけどんどん膨らみ、しかも野菜の形状に合わせて大きくなるので何でも入れ放題です!!






「これらの写真を送ってくれたスザーナ(右の女性)。」

ドイツ出身のスザーナはSan・Marcosに定住し、先住民の人々と一緒になって地域改善のためにボランティア活動しているをしている女性です。僕がとても尊敬している人です。
今では、マゲイでバックを作れる技術を持っている人も老人に限られてきて、いまではマゲイのバックの代わりにナイロンロープで作ってあるものも見受けられます。そして、この作業をするための湖の浜辺や、岩打ち場も観光目的のための施設等に取って代わられようとしているようです。。。。




「伝統も植物も守っていこう。」


「頂いた分は、母なる大地にお返しします。」


「San・Marcosの女性はみな赤いウィピル(先住民の方々の民族衣装)をきています。村々によって色、刺繍が異なるので、ウィピルを見ればどこの村の人かわかります。」


「Lago・Atitlan」


今回いくつか持って帰ってきたので、30(火)からの原宿の展示会で是非手にとって見てみてください。




| 旅するくつ展 2009。 | 08:24 | comments(4) | trackbacks(0) |
コメント

たくやくん、こんばんは。
春風ぶりの、由紀子さんの美絵ですよ〜。

旅の写真すごいね!
しかし馬から落ちた顔はひどいね。。。

サボテンバッグは完成まで何日かかるんだろ。。
植物から手作業でバッグを作りだす事が日常にあるってすごいね。


ところで、突然なんだけど、
葉山のナオミさんという女性がタクヤくんの靴や写真に興味を持っているらしく、自分のお店で靴と写真の展示が出来ないか考えているみたい。

春風で一緒だったシェアメイトづてで、私からタクヤくんに紹介してみるよう白羽の矢がたちましたw。

ナオミさんのお店、キラテラのHPにも馬の写真が載っていて、勝手にタクヤくんとも合いそう!と思いました。
良かったらHP見てみてくださいまし。。。

近々ナオミさんからも連絡いくかもです!

長文失礼しました。。
また会える日を楽しみにしてるよ〜。

キラテラ→http://www.ing-plants.com/kilatera/about/index.html
| 美絵 | 2009/06/30 1:21 AM |
美絵≫
こんにちは。ナオミさんから電話きたよ。誰かからぼくのことを聞いたって言ってたけど、美絵だったんだね。

キラテラ、よい感じのお店そうだね、こんど遊びに行ってみよう。

ありがとう。
| takuya | 2009/07/07 3:09 PM |
こんにちは。テアナウDOCビジターセンターでお会いした美穂子です。素敵な靴を沢山つくられているんですね。いつかニュージーランドでTakuyaさんの旅する靴に出会える時を楽しみにしています。個人的ににはぜひ害獣と言われているポッサムの皮で靴をつくってほしいなぁ。
ところで、サボテンバックの記事にとても興味を惹かれました。これもまた素朴で素敵なバックですね。ちょっと調べてみたらニュージーランドフラックス(マオリ文化では生活に欠かせない繊維の原材料)はTakuyaさんのブログで紹介されている南米のリュウゼツラン科の植物だそうです。
ニュージーランド版サボテンバックが出来たら楽しいね。
| Mihoko | 2010/02/21 8:09 AM |
Mihokoさん。

いまNelsonにいますよ。
FlaxはやっぱりAgaveやMagueiと同じ科なんだね。ぜひ、マオリのFlaxWeavingを習いたいと思っています。

TeAnauにまた行くことがあったら、ぜひまたお会いしたいです。

| takuya | 2010/03/08 6:54 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tabi-kutu.namaste.jp/trackback/1024785
トラックバック